今後の日本株の推移予想

オークマの株への投資と毎月の収入の確保

株に投資をすると、資金が固定されしまうために、使えるお金が減ってしまうと考える人もいるようですが、毎月キャッシュフローを生み出す方法もあります。それがカレンダー投資と呼ばれる方法です。

配当金を出している企業の株を所有していれば、年に1回から4回の頻度で配当金というキャッシュを受け取ることができます。決算が行われれば、利益の一部を投資家に還元するというのが株の基本です。ですから、決算月には配当を受けられるのが普通です。

年に1回の企業が多いですが、年に1回であれば、それを組み合わせることによって毎月配当金を受け取ることができるようにすることも可能です。たとえば、オークマの情報を見てみましょう。オークマは東海地方にある工作機械会社で、MCなどはトップレベルを維持しています。オークマは決算が3月ですから、3月の権利確定日に株を保有していれば配当金を受け取ることができます。

企業によって決算月は異なりますから、決算月が重ならないように 銘柄を組み合わせていくことによって、毎月配当金を得ることができます。また、配当金だけではなくて株主優待を利用することもできるでしょう。株主優待も魅力的なもので、食品メーカーなら自社製品の詰め合わせなどをもらうことができるケースが多いです。ほかにも商品券やサービス券などをもらうことができるものもあります。

日本の企業の多くはオークマのように3月に決算を置いている企業は多い傾向がありますが、基本的にはそれぞれで異なります。1月から12月まで、一つずつ銘柄を保有することによって、毎月配当金を得られるような組み合わせを作り上げることも可能ですし、毎月株主優待をもらえるようにすることも可能です。