今後の日本株の推移予想

2020年東京五輪で日経平均はあがるのか

政権交代後に日銀金融緩和等の影響から円安株高になっており、デフレ脱却を目指して現在も緩和は続いていますし、日経平均は基本的には一方的に上昇している時期と言えます。

ここで2020年東京五輪で日経平均は上がっているのかどうかが気になる方が多いですが、そもそも市場には絶対というものはなく、何が起こるのかは誰にも予想が出来ないものであり、その間にも現状起こっていない問題があったり、逆に経済を底上げするような事があったり、様々な要因があります。

ただ、現地点で予想されている大きな流れとしては、2020年東京五輪までは大きな流れで見ると株価は上昇していき、五輪終了から不況に陥るという多くの五輪開催地の流れをくむ可能性が高いです。

現状ではアベノミクス効果により外国人投資家を惹きつけており、日銀緩和による円安効果で海外の投資家が有利な価格で日本株に投資出来る環境がありますし、公的なマネーが株式市場を底から支えていますから、一時的な上下があっても大きな暴落が考えにくい環境ではあります。

現状は官制相場と表現しても良いですし、企業業績等による株価反映よりも国が支えている投資先企業の株は下がりにくいという状態になっており、少しでも下がれば下げ止まって再び上がるという状態が続いています。

そもそも日本だけに限らず世界的に株高になっており、緩和マネーによって世界の株が上がっている現状でもあり、日本にとっても東京五輪は経済にとって好材料でもあります。

今後は企業の業績、緩和の出口戦略や増税後の状況等が問題になり、特に緩和の流れが世界的に継続するかどうかは解らないですし、出口戦略議論は常に起こるでしょうから、その動きは大きく関係しており、現状では日経平均は五輪まで上がる環境にあると言えます。